« October 2004 | Main | January 2005 »

November 26, 2004

新しい発見

幼少の頃を北海道で過ごした私は、「のり巻き」といえば「かっぱ巻き」と「鉄火巻き」しか知りませんでした。
(北海道に「かんぴょう巻き」が無いのかどうか、私は知りませんが、母が言うには、私がかんぴょう巻きを知らなかったのは「北海道だから」だそうです。)

で、母の実家に引っ越して間もなく、私は人生で初めて「かんぴょう巻き」と出会うことになりました。
当然のごとく、鉄火巻きだと思い込んでかんぴょう巻きを、一口。
・・・・・・!
即座に出したらしいです。おぼえてませんが。

特に不味かった訳ではないと思います(コーラと思い込んでめんつゆを一気飲みした衝撃に近かったかと。)が、その後、私はのり巻きを見ると必ず具を確認し、かんぴょうであった場合は確実に除去してから食していました。
私が再びかんぴょう巻きを口にするまでには十年の歳月を必要とします。


さて、十年後です。
祖母の勤務するすし屋でアルバイトをすることになった私。
ここの店主がいい人で、暇を見てはいろんな寿司を試食?させてくれました。それも、高いものばかり。
毎日天国です。ウニ、トロ、イクラ、食べ放題!

・・・毎日です。

寿司が「特別」なのは、めったに食べられないからだということを知った、十五の冬。
高級な寿司ネタというのは、どういうわけか、まったりこってりしたものが多いものです。こういうものが続くとさっぱりしたものが恋しくなるのもヒトの性。あれほど頑なに拒み続けたかんぴょう巻きが、いつしか心の友となっていました。


嫌いな食べ物と暇な時間を両方持つ人には、バイトが克服の一手になることもあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2004

病気です。

しばらくサボっておりました。すんまそん。


時々、“古いゲーム引っ張り出したい病”の発作が起きます。

この病気の主な症状は、何かの拍子に突然無性に古いゲームをやり倒したくなることです。
原因は不明ですが、遺伝や伝染の可能性が懸念されます。
発作のきっかけは新作ゲームのCMの場合が多いようですが、引越しや大掃除なども発作の引き金となり得ます。この点から、“本棚片付かない症候群”との関連性も示唆されています。
治療法は確立されていません。

・・・冗談抜きで病気に近い状況です。

ここしばらくゲームばっかりやってます。
ドラクエ3→ファイアーエムブレム(暗黒竜と光の剣)→ファイアーエムブレム(聖戦の系譜)・・・といった流れです。
暗黒竜・・・はバッテリー切れで諦めましたが、聖戦・・・は現在進行形。不幸な美形がツボのようで、エルトシャンが大好きです。(知らない人には判らないですね・・・。)

発作の最中は寝食を惜しんでゲームばっかりやってしまうのですが、こういうときに限ってバイトが立て込んでしまうのは何故なんでしょうね。
朝7時半にはバイト先についてなくてはならないのに、夜寝るときに時計を見ると4時とか5時・・・というのもザラ。
眠いです。ええ、自業自得ですとも。

それにしても、未だにファミコンだのスーファミだのが現役の家って、どのくらい生き残ってるんでしょう?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 02, 2004

がぶ飲みしたいとき・・・

本当は昨日、記事をひとつ上げる予定でした。
先日見たNHKの番組にいたく感銘を受け、高校のときの小論文の授業でも書いたことがないような大真面目なものを書いていました。
途中までは書きあがっていました。
ところが・・・

母が、ハサミを探し始め、パソコンデスクの辺りにあるはずだと言い出し、
「2分どいてて。」
と、私を押しのけます。
そして5分後、席に戻ってみると、書きかけの記事は姿を消しておりました。

慌てふためく私を尻目に、母は、
「ちょっと静かにしてよね。あたしこれからスラムダンク観るんだから。」
と言って、件のハサミ(結局別のところにあった)でポテトチップスの袋を開けていました。


・・・やる気も熱意も失せ果ててしまいました。
私はポテトチップスに呪いをかけつつ別室でドラクエ3(しかもファミコン版)を起動し、やり場のない怒りをはぐれメタルにぶつけました。

真面目な話などするなと言うのでしょうか。
なにかがぶ飲みしたいのですが、牛乳しかありません。
牛乳なんて健康的な飲み物では気分が出ません。

がぶ飲みしたいとき、ふさわしい飲み物は何ですか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | January 2005 »