« August 2005 | Main | May 2006 »

October 27, 2005

軍服萌え

「萌え」と「好き」ってどう違うんだろう?
さくっと回答してくれる方、一緒に考えてくれる方、ならびに、薀蓄語ってくれちゃう方など、随時募集中。

レヴィ的回答としては、「萌え」は、大きな声ではいえない感じを微弱に含んでいる、といったところだろうかと。ちょっと違うのかな?
その程度のあいまいな解釈で言えば、私の萌え属性は「軍服萌え」なんだと思う。
軍服とか重火器とか、そういうの大好き。(だけど、筋肉質な男はNG)

先日のお客さんは自衛隊の団体さんだった。
宴会場ではさすがにみんな浴衣姿だったけど、私の仕事は主に布団敷き。
客室では大好きな軍服(自衛隊でも軍服っていうのかな?)が鴨居につるされていた。
ちょっと羽織ってみたい衝動に駆られたけど、「知らないおっさんの服」、「お客様の私物」だと自制する理性は残ってたので、触れなかった。残念。
持ち主のお客さんがいたら「ちょっと触っていいですか?」とか言い出したかもしれない。

そういえば、はるか昔、医師になりたいと思っていた頃、進路として選択肢の筆頭に上がったのは防衛医大だったっけ。
でも・・・医官になってたら、萌えすぎて仕事にならなかっただろうなあ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2005

ビフォアアフター

宝くじが当たったら、私はお風呂を改装したい。
いや、当たらなくてもいつか、いつかといわず今すぐにでも改装したい。
というのも、我が家のお風呂にはいかんともしがたい欠点があるのだ。

窓がある。
掃き出し窓サイズの、お風呂場には非常識なほど大きな窓だ。
曇りガラスでもなんでもない、透明なガラスがはまっている。
昔はこのお風呂からは海と桟橋が見えたらしい。
でも今は崖下のお隣さんが二階建てになり、海は見えない。
そのかわりお隣さんの二階から、うちのお風呂が丸見えだ。
それじゃ困るのでシャワーカーテンをかけてあるが、これがすぐにカビる。
台風が来ると、この無駄に大きな窓は風にたわんでいる。
割れそうな気がしてゆっくりお風呂に入れない。
しかも、ぴったり閉まらない。たまに湯船の底に砂が積もる。
窓のせいで天井が高く、掃除が行き届かない。電球を替えるのも大騒ぎだ。


宝くじが当たったら、私はお風呂を改装したい。
いや、当たらなくてもいつか、いつかといわず今すぐにでも改装したい。
そのときは必ず!窓は普通の窓にする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | May 2006 »