October 27, 2005

軍服萌え

「萌え」と「好き」ってどう違うんだろう?
さくっと回答してくれる方、一緒に考えてくれる方、ならびに、薀蓄語ってくれちゃう方など、随時募集中。

レヴィ的回答としては、「萌え」は、大きな声ではいえない感じを微弱に含んでいる、といったところだろうかと。ちょっと違うのかな?
その程度のあいまいな解釈で言えば、私の萌え属性は「軍服萌え」なんだと思う。
軍服とか重火器とか、そういうの大好き。(だけど、筋肉質な男はNG)

先日のお客さんは自衛隊の団体さんだった。
宴会場ではさすがにみんな浴衣姿だったけど、私の仕事は主に布団敷き。
客室では大好きな軍服(自衛隊でも軍服っていうのかな?)が鴨居につるされていた。
ちょっと羽織ってみたい衝動に駆られたけど、「知らないおっさんの服」、「お客様の私物」だと自制する理性は残ってたので、触れなかった。残念。
持ち主のお客さんがいたら「ちょっと触っていいですか?」とか言い出したかもしれない。

そういえば、はるか昔、医師になりたいと思っていた頃、進路として選択肢の筆頭に上がったのは防衛医大だったっけ。
でも・・・医官になってたら、萌えすぎて仕事にならなかっただろうなあ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2005

パパって呼んじゃ、だめですか?

行きつけの喫茶店がちょっと前から夜も営業するようになりました。
夜は飲み屋さんです。
で、ある日昼のお客さんが店主さんのことを
「マスター!」
と呼びました。
間違ってはいないはずですが、呼ばれた本人はなんだか微妙な表情。
単に気恥ずかしかっただけなのでしょうが、居合わせた常連客がここぞとばかりに彼をからかい倒します。
「マスターじゃないならママか!」
「ママって・・・男だし。」
「じゃあパパ?」
「それはマズイだろっ!」

結局のところ、この田舎町では店を持っているのに名前を知られてない人なんていませんから、
大抵の人は店主さんのことも上なり下なりの名前で呼びます。
なので、あのあと店主さんの呼び名がどうなったのか、私はまだ知りません。
少なくとも「ママ」ではないでしょうが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2005

正月が終わる

 ※クイーンのファンの人は読まない方がいいかもしれません。


先日、ベッドに入るとどこからとも無く歌が聞こえてきました。
出所は母のMDデッキ。どうやらかけっぱなしで寝てしまったようです。
それだけならどうと言うことは無いのですが、繰り返しおんなじ曲がかかるので、変に気になって眠れなくなってしまいました。

しかも、英語の歌なのに、サビのところがどうしても
  正月が終わーる
と聞こえます。

・・・そんなはずはありえません。
ほんとはなんと歌っているのかが尚更気になって耳を澄ましてみるものの、それでもやっぱり
  しょうがつがおわーる!

・・・年賀状に返事を書いていない罰でしょうか。
(そもそも私からは年賀状は出してませんし。)


で、次の日。
母に事情を話して歌詞カードを見せてもらいました。

  The show must go on

「正月が終わる」とはあんまり似てない上に、意味に至ってはほとんど逆。
なんでそう聞こえるのかまったく不可解です。

この曲は、クイーンのボーカルの晩年に録音した、ファンにとっては非常に感慨深い一曲なんだそうで、
「あんたが変な事言うから、そうとしか聞こえないじゃないの!」
と、母に苦情をいわれてしまいました。

・・・悪気は無いんですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2005

本日のお客様

今日のバイト先のお客様は、某国営放送のスタッフご一行と、日本舞踊教室の新年会でした。
人数的には少なくて楽だったんですが、個人的には風邪の再来襲に見舞われちょっとキビシかったです。
ここ数年は風邪なんてひいてなかったんですが、今年は天候が非常に不規則なフェイントをかけてきまして、不覚を取りました。


スタッフご一行は今日で7泊目(だったかな?)、観光ではなくお仕事のお客様です。
旅番組の取材で、番組そのものは一時間程度らしいのですが、毎日毎日早くに出発し、夕食の直前までお仕事。そのうえ食後には撮影してきたテープをチェック・・・。
めちゃくちゃ大変そうです。特に今日は一段と寒く、天候も一日中雨でした。
でも、モノが旅番組ですから、作品は楽しげでのどかな感じに仕上げるのでしょう。
普段は旅番組は見もしないのですが、こうして裏方の苦労に触れると

    ぐっじょぶ!

と、エールを送りたい気持ちになります。


テレビ局のスタッフに限らず、真面目に働く全ての人に「ぐっじょぶ!」です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2004

病気です。

しばらくサボっておりました。すんまそん。


時々、“古いゲーム引っ張り出したい病”の発作が起きます。

この病気の主な症状は、何かの拍子に突然無性に古いゲームをやり倒したくなることです。
原因は不明ですが、遺伝や伝染の可能性が懸念されます。
発作のきっかけは新作ゲームのCMの場合が多いようですが、引越しや大掃除なども発作の引き金となり得ます。この点から、“本棚片付かない症候群”との関連性も示唆されています。
治療法は確立されていません。

・・・冗談抜きで病気に近い状況です。

ここしばらくゲームばっかりやってます。
ドラクエ3→ファイアーエムブレム(暗黒竜と光の剣)→ファイアーエムブレム(聖戦の系譜)・・・といった流れです。
暗黒竜・・・はバッテリー切れで諦めましたが、聖戦・・・は現在進行形。不幸な美形がツボのようで、エルトシャンが大好きです。(知らない人には判らないですね・・・。)

発作の最中は寝食を惜しんでゲームばっかりやってしまうのですが、こういうときに限ってバイトが立て込んでしまうのは何故なんでしょうね。
朝7時半にはバイト先についてなくてはならないのに、夜寝るときに時計を見ると4時とか5時・・・というのもザラ。
眠いです。ええ、自業自得ですとも。

それにしても、未だにファミコンだのスーファミだのが現役の家って、どのくらい生き残ってるんでしょう?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 02, 2004

がぶ飲みしたいとき・・・

本当は昨日、記事をひとつ上げる予定でした。
先日見たNHKの番組にいたく感銘を受け、高校のときの小論文の授業でも書いたことがないような大真面目なものを書いていました。
途中までは書きあがっていました。
ところが・・・

母が、ハサミを探し始め、パソコンデスクの辺りにあるはずだと言い出し、
「2分どいてて。」
と、私を押しのけます。
そして5分後、席に戻ってみると、書きかけの記事は姿を消しておりました。

慌てふためく私を尻目に、母は、
「ちょっと静かにしてよね。あたしこれからスラムダンク観るんだから。」
と言って、件のハサミ(結局別のところにあった)でポテトチップスの袋を開けていました。


・・・やる気も熱意も失せ果ててしまいました。
私はポテトチップスに呪いをかけつつ別室でドラクエ3(しかもファミコン版)を起動し、やり場のない怒りをはぐれメタルにぶつけました。

真面目な話などするなと言うのでしょうか。
なにかがぶ飲みしたいのですが、牛乳しかありません。
牛乳なんて健康的な飲み物では気分が出ません。

がぶ飲みしたいとき、ふさわしい飲み物は何ですか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 31, 2004

ジルオール

ところで、ジルオールを知っていますか?
5年ほど前に発売されたゲームソフトで、私の一番のお気に入りであります。

戦闘のロード時間が異常に長かったり、同じ時期の有名タイトルと比べると明らかにポリゴンが見劣りしていたり、アラの目立つ作品でしたが、ストーリーや世界観、音楽などは、弱点を補って余りある魅力を持っていました。
ちょうどこの頃、私は今よりは金銭的に余裕があったので、ジルオールのほかにも何本かのRPGを買いましたが、いまだに思い出しては遊びなおしているのはF.F.でもドラクエでもなく、ジルオールだけです。


・・・来春、リメイク版が発売されるそうです!

昨日初めて知ったときは(深夜だったのですが)叫び出しそうでした。
しかもPS2!
思わず生まれて初めてゲーム雑誌を買ってしまいました。

あぁもう今から楽しみでなりません。
身近にゲームを語れる人がいないので、ここで浮かれておきます。


かなり取り留めのない記事になっていますが、今だけ?ですのでご容赦くださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2004

あやしいキノコ

八丈島には、グリーンぺぺという光るキノコがあるそうです。
名前からすると、やはり緑色に光るのでしょうか。では、「ペペ」って何なんでしょう?
しょうもないことが気になる今日この頃・・・。

以前、友達と行った飲み屋で出会ったお兄ちゃんが八丈島出身の子だったので、物のついでに訊いてみました。
「あれって、食べれるの?」
・・・我ながらしょうもない質問ですが、きっとお酒が入っていたせいでしょう。
彼は明らかに困惑しながらも、笑ってくれました。なかなかの紳士です。
「さぁ、どうかな?でも・・・食べないよ。」
そうか・・・さすがに食べないか。
でも、どんな味がするんでしょうね?

ところで、近頃世間を騒がせているスギヒラタケ。
あれはちゃんとした食用キノコだそうですが、大量栽培が出来ないので、全国流通はしていないとか。
どんな味が(以下略)


・・・お腹がすいているのでしょうか、私。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 22, 2004

未来予想・・・むしろ願望

勝手にお気に入り登録させて頂いている、言戯のそんちょさまが、
「リモコンは非常に困る。」
と言って(書いて?)おられました。 
“必要なとき、大体4割くらいの確率で「どこだどこだ」と探す事になる。”んだそうです。
非常によくわかります。我が家でも最近までしょっちゅうリモコンが行方不明になっていましたから。
現在はスカパーやDVDのリモコンでもテレビの操作が出来ますので、却ってリモコンだらけで困るくらいですが、リモコンに限らず、しょっちゅう使うのにしょっちゅう行方不明になる物って結構ありますよね。
私の場合は携帯電話とメガネがそれに当たります。

携帯電話なら、行方不明になっても家の電話から掛けてみれば返事をしてくれます。・・・たまにバッテリー切れで息絶えていることもありますが(笑)。
本当に困るのはメガネです。
あやつは呼べど叫べど、うんともすんとも言ってはくれませんし、捜索する私は視界が著しく不良であります。
メガネを捜すためにコンタクトレンズを使うという、なんだかおかしな事態になることも・・・。
そして、やっとのことでメガネと再会すれば、コンタクトが入っているのにメガネをかけてしまい、一人で勝手にクラクラしてみたり・・・。とにかく散々です。

技術の進歩はまさに日進月歩の勢いですが、探し物の事情は今も昔も変わりないままです。
近頃よく耳にする、ナノテクノロジー。それと、最近の携帯電話によくついているGPS。これらを組み合わせれば、探し物の歴史に大きな変革が起るはずです!
GPS付きの極小のチップ。これを身の回りの失くしやすい物につけておけば、ものすごく楽になるでしょう。
・・・だれか、作ってくれないものでしょうか。


余談・・・
うちの母いわく、
「そんなもの付けるくらいなら、大抵のものは買ったほうが安上がりだと思うわよ。」
・・・そこをなんとか!

| | Comments (3) | TrackBack (0)